ウェルカムボードの持つ意味を考えてみよう

結婚式のウェルカムボードは、友人が作るのが普通と言う話もあるようですね。さらには、新郎新婦が頼むのではなく、友人の方から「作るからね」と申し出るということです。しかし、そうしなければいけないというわけではないのです。用意の仕方としては、式場や業者に任せるか、新郎新婦が作る。そしてその他に、好意として友人側から製作を申し出て、新郎新婦にプレゼントするというパターンもあるということなのです。そういう時は、喜んで受け取って式の当日に会場前に設置すれば良いですね。

あくまで、ウェルカムボードはゲストを迎えるということが役割の根底にあるのです。ウェルカムボードは、飾りというだけのものではありません。案内板という役目があります。なので、目立たせなければいけませんね。個性に溢れたものであれば、きっとゲストの人々もすぐに分かり易いのではないでしょうか。準備段階において、男女によって考えの違いもあるでしょうし、意見の相違などもあるでしょう。何度か他の人の結婚式に出席した時に、ウェルカムボードを見なかったと言う方もいます。

ウェルカムボードはいらないという男性もいるようですね。けれど、中には他の結婚式で他の人がどんなウェルカムボードを用意したのかを、楽しみにして見ている人もいるのです。そういった注目度もあるものなので、ウェルカムボードは多くの結婚式で置かれるのですね。会場前に何もないと殺風景になってしまいますし、ゲストもどこが会場なのかわからなくなってしまいかねません。業者に頼むなどということが高くつくので避けたいということもありますね。

それならば、他の記事でも書かせていただいたように、手作りをすれば安価で収められます。新郎新婦二人で共同制作するとなると、より楽しさも増すのではないでしょうか(面倒に思ったり時間がかけられないということも、ないとは言い切れないかも知れませんが)。結婚式となると、男性よりは女性の方が割と拘りを見せるかもしれませんね。それだけ結婚式は人生において大切なイベントなのです。なので、ウェルカムボード一つをとっても、『どうでもいいや』という気持ちで用意してはいけないだろうなと思うのです。

男性も、お相手の女性が「ウェルカムボードを作りたい」と言ったら、その通りにしてあげて欲しいですね。他でも申し上げた通り、ウェルカムボードは新郎新婦の代わりに、ゲストを迎えてくれて、新郎新婦のおもてなしの心を反映したものです。そして、ゲストがまず最初に目にするものだということを意識して用意してほしいと思います。

どうやってウェルカムボードを作るの?

では、材料を集めたら、実際の作り方を見てみましょう。デザインによって作り方も異なりはしますが、大体のことをお話できればと思います。さて、ウェルカムボードについては作り方の決まりがあるわけではありません。『こうだと駄目』ということもないですし、自由な発想で作れば良いのです。新郎新婦二人の職業を紹介するようなデザインにするのも良いですし、例えばアウトドアが好きなど、共通の趣味があるならば、それをモチーフにしてもどんな二人なのかがわかっていいですね。

定番なのは、二人の名前と結婚式の日付、そして二人からのゲストに向けたメッセージを合わせて書くということです。メッセージは「Welcome to our wedding reception」(私達の結婚式にようこそ)などの文言が多いですね。ウェルカムボードという名が付いてはいますが、ボードでなければいけないということもないのです。立体的な作りにしても良いですし、あなたの感性を存分に発揮してください。

さて、いよいよ作る段階です。文字の字体などに関しては、インターネットにも素材のサイトがあるので、探してみると良いでしょう。サイトで特定の文字をダウンロードしたら、プリンターで印刷もできます。似顔絵に関しては、これもインターネットで作ることができるので便利です。100円の物を利用してもウェルカムボードを作ることができます。A4判のフォトフレームや、小さいイーゼル(画家などがキャンバスを立て懸けるのに使っている脚を小さくしたもの)、そして可愛らしく二人に合った花をフレームに散りばめれば豪華になりますね。

フレームの中には、インターネットで作成した二人の名前や、式の日付、似顔絵などを載せます。ちなみに名前は明かせませんが、インターネット上でウェルカムボードのフレームや文字、似顔絵などを一括で、しかも無料で作れるというサイトもあるので、簡単にできて便利だと思います。今の時代ならではのシステムだと感じますし、デザインも多種あるので、選ぶのも楽しいですね。ウェルカムボードに写真やボードを使う人も多いです。コルクボードだと、メッセージカードなんかも貼ることができますね。

“ゲスト参加型”にして、ゲストにメッセージを書いてもらって、貼って貰うスタイルにする場合にはコルクボードがいいです。ただのコルクボードというのではなく、一工夫して素敵な布で覆うなどしても良いですね。写真に穴を開けないために、写真自体にピンを指さないで、ピンで写真の四隅を支えるというのも手です。

ウェルカムボードの材料を集めよう!

ウェルカムボードも、より心を込めて手作りしたいと思う方もいるでしょう。それに、業者などに頼むとするとお金もそれなりにかかりますね。手作りにするとリーズナブルに用意できますし、良いと思います。そこで、あらかじめテーマやデザインを決めたら、材料を用意しましょう。ベースにするものや、その他装飾に使うものも多くありますね。そのデザインによって必要なものも異なってくるとは思いますが、基本的と言うか、良く使われるものをご紹介したいと思います。

材料は予算も様々でしょうけれども、100円ショップやホームセンターで買う事もできるでしょう。ベースにするのは、コルクボードだと安いですし、軽くていいですね。黒板を使うと言う例も良くありますね。額なども少し高いですが、立派に見えますし、種類もあっていいですね。装飾に関しては、テーマやデザインに合ったものを選ぶようにしましょう。配色も大事ですね。華やかに造花を使うのもいいです。

ホームセンターなどで売っていますが、100円のお店でも売っていますね。使いかたによって切り取るなど工夫して利用するのも良いでしょう。レースなどの小物を手芸屋などで用意して、ボードを囲んでも素敵になります。後は、リボンやひもを用いるのも良いですね。ボードの周りには様々なオブジェを飾るのもいいですね。この際は、その時のテーマからかけ離れたものとなってはいけません。製作に使う道具としては、グルーガンやペーパーボンドを用意しましょう。

グルーガンは手芸屋さんなどで手に入る接着剤です。プラスティックに熱を加えて付着させるのです。100円ショップでも売っていますし、ホームセンターでも売っているので、値段は差がありますね。ペーパーボンドは、紙用のボンドでしわになりにくくて何度も貼ったりはがしたりできるのがポイント。文房具屋さんで割と安価で売っています。参考の一つとしては、レゴブロックでウェルカムボードを作ったという例もあります。

独創性も大事というわけですね。また、インターネット上で似顔絵作成もできたり、ウェルカムボードのテンプレートがダウンロードできるサイトもあるので、そういったところを利用するのも手ですね。手作りキットもあります。有名雑貨店にウェディング用のコーナーもあるので、そういった所で調達するというのも可能ですね。最小限の予算に留めておくならば、結婚するお二人で家にあるものを持ちよるというのも技ではないでしょうか。

色々なところを探して材料を揃えてみてくださいね。

手作りするなら、心を込めてデザインしよう!

結婚式では、準備で決めることも多いですし、その期間はとても忙しくなることでしょう。しかし、人生のビッグイベントですから、一つ一つを丹念に準備していきたいものです。それはウェルカムボードも同じですね。ゲストがまず最初に会場で目にするものでしょうし、ウェルカムボードだって手を抜いてはいけないのではないでしょうか。人に会う時などには、“第一印象が大事”だと良く言われますよね。これは『結婚式』にも言えることだと思うのです。

ゲストが式や披露宴前に目にするウェルカムボードは、その結婚式の“第一印象”を決定づけるものではないかと考えます。ある意味重要なものですね。なので、自分でデザインしたり作ったりする場合は、来てくれる人たちに対しても『ありがとう』の気持ちが伝わるように、心を込めて製作しなくてはいけないと思います。いざ自作にしようとしても、『どんなのを作ればいいのだろう』と迷ってしまうことはあるでしょう。

作る際には、まず他の人がどの様なウェルカムボードを作っているのかを、勉強するのがいいでしょう。インターネットで検索すれば、バラエティーに富んだウェルカムボードを見ることができます。そういったものを参考にして、自分に合っていて作れそうなものを考えていくのです。そうして、デザインを考えます。文字だけにしようか、似顔絵や写真はどうするか。そして色はどうするのか。頭で思い描いてみましょう。

『二人らしいな』とゲストの人達に思ってもらえるものがいいですね。『こうしたい!』というのが頭で出来上がったら、紙で図にして書いてみます。そうしたら、大きさはどれくらいにするのか、予算は幾らかけられるのか。さらに材料はどこから手に入れるのか。作る日数にはどれくらいの時間をかけるのかを考えます。そういったところをきちんと考えてから行動しないと、予算内で間に合わなくなったり、必要な物が調達できなかったということになったら大変です。

スケジュールも立てておかないと、式までに間に合わないとなったら会場に置くことが出来なくなってしまいます。ウェルカムボードのスタイルとしては、来ていただいたゲストの人達にウェルカムボードを作りあげてもらうというスタイルのものもあります。『ゲスト参加型』というものです。要するに、名前や一言を書くカードなどを用意しておき、来たゲスト一人一人に書いてボードに貼って貰うというものなのです。ゲストからの気持ちも見えていいですね。

ウェルカムボードって何だろう?

皆さんは、結婚式に行かれたことはあるでしょうか?その際に、式場の入り口などに設置してある、立て看板のようなものを見たことがありませんか?それをウェルカムボードと言うのです。要するに、ゲストを迎えるための“案内板”のことを指します。案内板ということで、街の素敵なお店にも置かれている事がありますね。結婚式だと、当日は新郎新婦は着替えなどで忙しいですから、本人たちが直接ゲストを出迎えられないわけです。

大抵は、式が始まってから新郎新婦が登場するといった形になっていますね。そういうこともあり、出迎えられないけれど、「結婚式へようこそ」という気持ちを表したのが、ウェルカムボードというわけです。元をたどれば、「××家・××家ご両家披露宴会場」などというような、筆で書かれた縦型の看板が、案内版として普通だったのではないかと思います。現在もホテルなどでは、このようなものが会場に設置されています。

ウェルカムボードはさほど古くはなく、1990年代ごろから広まってきたものです。今では定番という感じになっていますね。新郎新婦のおもてなしの心が現れるということもありますし、ゲストも心が和むことでしょう。デザインなどは、オリジナリティに溢れていたり、装飾が凝っていたり、メッセージが書かれていたりと、形は様々。二人の名前が記されていたり、日付の入っている場合も多いですね。別に形が決まっているわけではありません。

ゲストに対して、「来て下さってありがとう」という感謝の気持ちが込められたものであることが大切です。用意の方法は、式場や業者に頼む方もいれば、手作りする人もいます。要は、結婚式のテーマに合ったデザインにすることです。なので、結婚式自体が、どんなコンセプトで行うのかを明確にしておいてもいいでしょう。“二人ならでは”ということがわかるようなものにしたいですね。ぜひオリジナリティのあるウェルカムボードを制作しましょう。

ちなみに、作るのは式場や業者に頼む人が多くなっています。もし頼むとしたら、それなりにお金もかかってきますので、十分にお金を用意しておきましょう。結婚式となると、全般的にお金がかかりますし、心を込めて手作りしたいという方もいらっしゃるでしょう。その方が自分達らしさを出せるかもしれませんね。手間は多少かかるかもしれませんが、これも大切な式の準備の一つでしょう。ちなみに、最近では『ARウェルカムボード』というものもあり、活用されている人もいます。

披露宴などの招待状に、ICチップが付いていて、それを会場に設置されているモニターにかざすと、ゲスト自身に向けた迎える側からのメッセージが映し出されるというものです。今の時代ならではと言った感じですね。これは手作りするのは難しいかもしれませんが、こういったものを用意するのも、一案ですね。